初七日



シニアになってから、まとめて更新していた日記。

2月16日からの最後の分を更新する為に、パソコンに
向かっていたら、友達からラインが来ました。

昨日は来られなかった短大の友達です。
短大は保育科なので、友達は我が家から歩いて
15分ぐらいの保育園で先生をしています。

ラインの内容は我が家の前の公園に、子供たちとお散歩に来ているというものでした。

日記を書いている途中だったけど、思わず飛んで行っちゃったー。
そして、少しの時間、一緒に遊んじゃいました。ハート
子供たちは (今年3歳になる2歳児クラス) 遊んでいると
今日初めて会った私を、抵抗なく 『せんせい〜♪』 と呼びます。



なんだかそう呼ばれるのが懐かしくて、心がくすぐったかったな。
そして、シンと来ていた公園で、子供たちと遊ぶことがちょっと不思議でした。



保育園はやっぱり人手不足だそうで、3時間ぐらいのバイトでもいいのでと
働きに来てほしい〜と他の先生にも誘われました。
シンもいなくなっちゃったし、午前中や休みのヒマな時間をどうしましょう?と
思っていたので、なんだかちょっぴり魅力的な感じちゃったなぁ。


ちなみに、シンがお空に行った日の3時。
友達は子供たちにお話をしてくれて、みんなで空に向って手を
振ってくれたそうです。びっくりしました。

そうえばまだシンが元気にお散歩に行っていた頃
シンを連れて、その友達のいる保育園に寄り、園庭で遊ぶ友達や
子供たちと会話した事もあったな〜。


こんなかわい子供たちにも、シンは見送ってもらっただなんて
思いもよらなくて。嬉しくて涙が出そうでした。。。
ヨカッタね。シン。
そして子供たちに話をしてくれた、友達にも感謝です。




さて、私が思っていた以上にたくさんの方に読んでいただいた
『A Life With Shin 黒柴シンとの暮らし』ですが
いつ更新するか、しないかわからないまま、見に来ていただくのは心苦しいので
しばらくはシンへの思いを、毎週火曜日夜 にアップしようと思います。
(書きたい事があったら、火曜の前に更新する場合もあると思いますが。)

書くことは、単に私の思いになってしまいますが。。。


そして区切りがつきましたら、ホームページは残しますが
更新自体は、終わりの日を設けようと思っています。

終わりの日が、2か月後か半年後かは自分でもわかりませんが
最低でも、(人間で)天国に行くとされる四十九日までは続けようと思っています。


葬儀場から、七回忌までの日程が書かれた紙を20日にいただきました。

それによると  シンの四十九日は4月7日です。

ちなみに次のワンコを迎えるつもりはありません。

我が家にとって、かわいいシンが最初で最後のワンコですから。



ハート ハート ハート ハート ハート ハート 


暖房の温かい空気を循環させるために、サーキュレーターを
天井に向ってかけています。
なので、木彫りの黒柴ちゃんが、くる〜り くる〜りとゆっくり回転し
それと同時にぶら下がっているシンの分身が
ミラーボールみたいにキラキラとしてきれいです。



お値段高かったけど、、、、、、、、シンの分身ケース。
スワロフスキーにしてヨカッタ。

だって見ているだけでも、キラキラしてキレイなんだもの。

キャンプや旅行に行く時、連れて行ってあげるからね♪




最後の一週間分の日記。

読んでいただいて本当にありがとうございました。


次は3月3日 ひな祭りの日までに書きたいと思います。






    
| 日記 | 23:30 | comments (10) |
Commented by はなしゃん
  YUKIさん ありがとうございます
私はシンちゃんとどんなふうにさよならしたんだろうと思っていました。
夜中に亡くなったなんてきっとシンちゃんは二人にちゃんとお別れしたんだなと思っていました。ブログを読んでやっぱりシンちゃんはちゃんとお別れしたんだとわかってたまらなくなりました。
最後の最後までほんとにかわいい子だなあ、シンちゃん
亡くなるまでのことを書いてもらって私も心の整理ができた感じです。おかしいでしょ
今日のブログはまた何度も読み返します。
アイスをがぶりと食べているところ、私も過去のブログを見ていて笑った
ほんとたくさん笑わせてくれて楽しかった
自分の思いばかり書いてしまう私ですが許してください
またお話しさせてくださいね
| はなしゃん | EMAIL | URL | 20/02/25 20:57 | WUJMKjnU |
Commented by ごろはは
ああ... 胸がいっぱいです。

おとぎ話が、物語が、ひとつ完結したような。
夢のような、かけがいのない17年間でしたね。

この濃密なシン君との日記が終わってしまうのは
とても淋しいです。
けど、その潔さはyukiさんらしいと思いました。

2/16からの日記を拝読して、私も心が着地できました。
もう少し、楽しませていただきますね。

改めて 若い頃のシン君の写真! 
シン君って、本当本当にに可愛いね!! 
   五郎はね、ハンサムだったのよ〜爆。
| ごろはは | EMAIL | URL | 20/02/25 21:03 | wExkVBN6 |
Commented by yuki
はなしゃんさん コメントありがとあございます。

読んでいただいて、心の整理がついたとおっしゃっていただいて
私もホッとしました。そうですよね。
どんな最後だったか、知りたかったですよね。

心の整理の後は、どんどんシンを見て笑ってください。笑

アイスの過去のブログ。
ガブリ加減の巻き込む舌の感じが、またいい具合に写真に撮れていて。
アイス買ってあげてるのも、10回ぐらいしかペロペロさせてあげない
ケチさ加減も、あとから読んでバカみたいな我が家です。

はなしゃんさんの思い、聞けて嬉しいですよ。
シンにも届いていると思います〜。
こちらこそ、また聞かせてくださいませ。
| yuki | EMAIL | URL | 20/02/26 11:32 | VLaITp8Q |
Commented by yuki
ごろははさん。 コメントありがとうございます。

心が着地できたと聞いて、よかったです。
そして17年間を最後まで完結できて、読んだ方が納得できる
日記をかけた事、本当によかったです。
これもシンの生き方がヨカッタのかな?笑

ふふ。潔いですか?
あと少し、最後まで読んでいただけたら嬉しい限りです。

そうですよ!五郎ちゃんは本当に足が長くて、すらっとして
お顔もとってもハンサムです。
シンはちんちくりんで、お笑い芸人っぽいですよ〜。

あっ、こんな事言ったら、また写真立てが倒れちゃうかも〜。
| yuki | EMAIL | URL | 20/02/26 11:40 | VLaITp8Q |
Commented by りんママ
20日のお見送り、りんの顔を覚えてほしくて
写真を見せながらお空に手を振ったのですが・・・
シンくん、りんを見かけたら、「たまには ママの夢に登場してあげてよ」って伝えてね〜。

りんを見送ってから一年と三カ月。 ただの一度も会いに来てくれないなんて、
よっぽど お空の暮らしが楽しいのでしょうかねぇ。


たくさん泣いても 最後は「楽しい時間を過ごさせてくれて、ありがとう♪」って思えます。
考えてみたら、お空に行く前も後も、私の心は りんで一杯!
そのことは、何も変わっていないのだなぁと。

ナデナデできないのは淋しいけれど、悲しくはないし。

16日からの日記を読んだら、色々と思い出してしまい、りんのことばかり書いてしまいました。 ごめんなさい。


yukiさん、過去日記やお出かけレポート、楽しませてもらっていますよ。
シンくん、やっぱり ブルーが似合うわ〜♪
| りんママ | EMAIL | URL | 20/02/26 12:04 | 5mmJhiA. |
Commented by yuki
りんママさん コメントありがとうございます。

え〜! りんちゃんの写真を見せて見送っていただいたのですね。
なんか嬉しいです。それでしたら、絶対シンは見つけてますね。りんちゃんを♪
今、みんなは走り回っているんですかね〜。

お空に行った人や、ワンコたちが夢に出てこないのは
こちらにいる人の思いが強いからで、夢に出るのは忘れかけた頃…と
聞いた事がありますよ〜。

本当に。私もシンがいた時と、今と、全く思いは変わりなく
姿が見えないだけど、側にいてくれる気がして普通に
シンにしゃべりかけています。笑
愛するワンコたちの存在って、やっぱり大きいですよね。

古い日記やレポ、見てくださっているなんて、、、ありがとうございます。
ブルー、似合いますか?嬉しいです。
| yuki | EMAIL | URL | 20/02/27 17:46 | VLaITp8Q |
Commented by tomo
シンくんへ
シンくんも逝ってしまったのですね。
いろんなところに連れて行ってもらって幸せだったね。
そのかけがえのないたくさんの思い出を胸に、
今はいっぱい走りまわっているんだよね。
きっとたくさんのお友達と一緒に。
ありがとうね。シンくん、だーいすきだったよ。
これからもずっとずっと。

yukiさん、ありがとうございました。
愛情溢れるご家族の中で見せるシンくんの表情、
その一瞬を見逃さないシャッターチャンス、
とてもとても素晴らしかったです。

蛇のぬいぐるみのバラバラ事件、不起訴処分になった頃が懐かしいです。
大切なシンくんのことを思える幸せを胸に、
どうかお元気で。
病気で早逝した我が家のワンコの分まで長生きしてほしいと、
祈りながら読ませていただいていました。



| tomo | EMAIL | URL | 20/02/29 21:28 | vR/OqT42 |
Commented by yuki
tomoさん コメントありがとうございます。

シンへ、私たちへ、それぞれに温かいメッセージをくださりとっても嬉しいです。
お会いした事の方々に、だいすきと言ってもらえるなんて
シンは本当に幸せものだと思います。

シンのいない生活も1週間を過ぎました。
お空で元気に走り回っているとはいえ、毎日のようにしていた
シンを写真に撮る…という事が、全くなくなってしまい
それはやっぱり寂しいですね。新しい写真、撮りたいです。

でも楽しかった思い出を胸に、頑張ります。
tomoさんのお家のワンコと今頃、出会えてますかね♪

長い間、読んでいただき本当にありがとうございました。
| yuki | EMAIL | URL | 20/03/01 11:03 | VLaITp8Q |
Commented by TOMOKO
yukiさん
シンくんの最後の3時間を読んませて頂いてありがとございます。
シンくん、本当に素直で可愛くて、最後の最後までyukiさん、旦那様に甘えたかったんですね!何度読んでも、胸が熱くなり、涙が出てきちゃいました。
でも、何か私も心の整理が出来た様で落ち着きました。

まろは、朝起きたら、私の隣のお布団で目を覚ましてはくれませんでした。
うんともすんとも言わず、ひとりで旅立っていきました(17才4ヶ月4日)
クールなまろらしいなぁと思いましたが・・・・。
あ、まろの「のどぼとけ」もしっかりしていました。
yukiさんの「のどぼとけ」の犬生の日記を読み、救われた気持ちになりましたよ〜!

お空でシンくんとまろが出会っていると信じています。
まろは頑固な所があるけど、いつも機嫌が良いこなのでシンくん声かけてね!

yukiさん、もう少し日記を楽しませて頂きますね。
いつもありがとうございます。




| TOMOKO | EMAIL | URL | 20/03/02 14:50 | Zd7laZaY |
Commented by yuki
TOMOKOさん こんばんは。

シンの最期を読んでいただきありがとうございます。
あの場にいたのは、私たちだけでしたが、(あとにはなりますが)
読んでいただいた方があの時間を共に過ごしてくれた気がしています。

…で、私、、、あの時はシンがお別れする時間をくれたと思っていましたが
それは私の勝手な解釈であって。
まろちゃんのお話を聞くと、シンは逆に苦しかった3時間だったのではないかと
思ったりも。。。もちろんシン自身が頑張ってくれた事なのですが…。

そう考えると、まろちゃんは TOMOKOさんの隣で安心して
そして眠るように旅立てて、とても幸せだったのではないかと思います。
17才4ヶ月4日の楽しかった犬生。のどぼとけが、証拠ですしね♪

ふふふ。まろちゃんとシン。今頃一緒に走ってますかね〜。
シンは粋がってしまう子なので、迷惑かけてないといいのですが。笑

残りわずかの日記となりますが、読んでいただけたら嬉しいです。
こちらこそ、ありがとうございます。
| yuki | EMAIL | URL | 20/03/02 22:47 | VLaITp8Q |
コメントする








  


  


CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   07 - 2020   >>
ARCHIVES
COMMENTS
PROFILE
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート