前転回避が第一の目標
昨日の夜の事。

ダンナが仕事がトラブり、それでも終電に間に合い帰宅。
そこから夕食を食べ、私は話し相手に少し付き合っていた時間が
夜中の2時近く。いつもは12時半頃寝ると、シンはだいたい1時、2時、3時と
1時間ごとに起きて歩くくせに、この時はダンナがお風呂に入って寝るまで
一回も起きませんでした。

なのに、なのに、添い寝当番だったダンナが寝始めて少ししたら
むくっと起き始め、歩き回り。結局ダンナが寝たのは4時過ぎ。
2時間しか寝れなかったそうです。。。


獣医さんの話によると、夜中に起きる原因は

1、昼夜逆転

2、暗くなり、人の気配がなくなり、不安で…

この2番であれば、回避策として電気をつけたまま寝る。
テレビやラジオをつけたまま寝る。

らしいです。

もちろんシンの場合、昼夜逆転もばっちり当てはまるけれど、今回の日記の
感じだと、やっぱり寝静まった時の静けさからくる不安もあるのかな〜?と。


−−−−−−−−−−−−−−−−−


話は本日の事。


今日は仕事の合間は母に来てもらう日でした。

いつもは車はタイムズに入れてもらい、我が家がお金を負担していたのだけど
それじゃあ、もったいないからと母の申し出。
母が来る時間を私が仕事に行くのとバトンタッチの時間にし
私の駐車場に入れる事になりました。

なので、駐車場で母の事を待っている時間。シンをウェブカメラでみていたら
なんでこんな時に! シンが歩き回り始め、力尽きて前転体勢に!

↓写真は違う時。自分でなんとか体勢を戻せないものかと見守っています。
それでも腕は逆方向に、、、涙



ちなみに母との交代の時は、こんななま優しい感じではありませんでした。
頭は後頭部が床にくるほど体は直角に曲がり、鼻は地面でつぶれ、口呼吸でしか無理。

母よ!早く到着してくれ〜!汗
(実は、私は母がすぐに車を入れるように、隣の方の敷地でエンジンをかけて
待機していたので家に戻るなら、自分の敷地に車を戻してから家に帰る。)

どうしよう〜? 迷っているうちに今度は、シンがとんでもない苦しい声で
泣き叫び始めました。(カメラは声も聞こえます)

あ〜、、、どうしよう〜。。。。

そしたら母が到着。
慌てて、バトンタッチして、鍵を渡して母に家に行ってもらいました。

母、肺が悪くて空気をうまく取り込めない病気だから走れないのに、、、
それでも急いでハァハァしながらシンの元へ、かけつけてくれました。涙

ちなみに、前転になってしまう原因を探って今回は対策を練りました。
たぶん寄りかかって歩いていると、側面にカラダがひっかかっていまうから。
なので側面を滑りやすいキャンプの銀マットを張り巡らせました。

これでいけるだろうと思っていたのに、今回の一件。
この前転を完全回避するか、シンが筋肉を戻して力尽きないように
なってくれるかしないと、1人で留守番させられないよなぁ、、、


| 前庭疾患 | 12:52 | comments (0) |
コメントする








  


  


CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<   12 - 2018   >>
ARCHIVES
COMMENTS
PROFILE
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート