初七日



シニアになってから、まとめて更新していた日記。

2月16日からの最後の分を更新する為に、パソコンに
向かっていたら、友達からラインが来ました。

昨日は来られなかった短大の友達です。
短大は保育科なので、友達は我が家から歩いて
15分ぐらいの保育園で先生をしています。

ラインの内容は我が家の前の公園に、子供たちとお散歩に来ているというものでした。

日記を書いている途中だったけど、思わず飛んで行っちゃったー。
そして、少しの時間、一緒に遊んじゃいました。ハート
子供たちは (今年3歳になる2歳児クラス) 遊んでいると
今日初めて会った私を、抵抗なく 『せんせい〜♪』 と呼びます。



なんだかそう呼ばれるのが懐かしくて、心がくすぐったかったな。
そして、シンと来ていた公園で、子供たちと遊ぶことがちょっと不思議でした。



保育園はやっぱり人手不足だそうで、3時間ぐらいのバイトでもいいのでと
働きに来てほしい〜と他の先生にも誘われました。
シンもいなくなっちゃったし、午前中や休みのヒマな時間をどうしましょう?と
思っていたので、なんだかちょっぴり魅力的な感じちゃったなぁ。


ちなみに、シンがお空に行った日の3時。
友達は子供たちにお話をしてくれて、みんなで空に向って手を
振ってくれたそうです。びっくりしました。

そうえばまだシンが元気にお散歩に行っていた頃
シンを連れて、その友達のいる保育園に寄り、園庭で遊ぶ友達や
子供たちと会話した事もあったな〜。


こんなかわい子供たちにも、シンは見送ってもらっただなんて
思いもよらなくて。嬉しくて涙が出そうでした。。。
ヨカッタね。シン。
そして子供たちに話をしてくれた、友達にも感謝です。




さて、私が思っていた以上にたくさんの方に読んでいただいた
『A Life With Shin 黒柴シンとの暮らし』ですが
いつ更新するか、しないかわからないまま、見に来ていただくのは心苦しいので
しばらくはシンへの思いを、毎週火曜日夜 にアップしようと思います。
(書きたい事があったら、火曜の前に更新する場合もあると思いますが。)

書くことは、単に私の思いになってしまいますが。。。


そして区切りがつきましたら、ホームページは残しますが
更新自体は、終わりの日を設けようと思っています。

終わりの日が、2か月後か半年後かは自分でもわかりませんが
最低でも、(人間で)天国に行くとされる四十九日までは続けようと思っています。


葬儀場から、七回忌までの日程が書かれた紙を20日にいただきました。

それによると  シンの四十九日は4月7日です。

ちなみに次のワンコを迎えるつもりはありません。

我が家にとって、かわいいシンが最初で最後のワンコですから。



ハート ハート ハート ハート ハート ハート 


暖房の温かい空気を循環させるために、サーキュレーターを
天井に向ってかけています。
なので、木彫りの黒柴ちゃんが、くる〜り くる〜りとゆっくり回転し
それと同時にぶら下がっているシンの分身が
ミラーボールみたいにキラキラとしてきれいです。



お値段高かったけど、、、、、、、、シンの分身ケース。
スワロフスキーにしてヨカッタ。

だって見ているだけでも、キラキラしてキレイなんだもの。

キャンプや旅行に行く時、連れて行ってあげるからね♪




最後の一週間分の日記。

読んでいただいて本当にありがとうございました。


次は3月3日 ひな祭りの日までに書きたいと思います。






    
| 日記 | 23:30 | comments (10) |


  


CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   07 - 2020   >>
ARCHIVES
COMMENTS
PROFILE
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート