シンを見に来てくださって、ありがとうございました。

2020年2月19日 午前3時ちょうどにシンはお空に旅立ちました。

17年近く、シンのホームページを書き綴り、たくさんの方と出会えました。

シンを見に来てくださって、可愛がっていただき、応援していただき

ただ、ただ、感謝しかありません。

気持ちの整理がつきましたら、また改めて書こうと思っています。





明日 2月20日 午後3時。

お空に向います。

もし、一瞬空を眺めて見送っていただければ
シンも喜ぶかと思います。


長い間、本当にありがとうございました。




写真、急いで選んだけど、コレでいいかな?シン。

カヌー犬だからね。

| 日記 | 22:47 | comments (43) |
悲しくて悲しくて



この日の日記は18日の日記から続きなので、18日から
読んでいただいた方が、つながると思います。



− − − − − − − − − − − − − − 



色んな先輩犬の最後の日をブログで読ませてもらう機会があり
「アンアン」という鳴き声が、きっと最後の言葉なのかな、、、と覚悟しました。

でも、ここからまた違っていたのです。

可愛いかすれた声で、「アンアン」とシンが言うと、私たちが
『はいはい〜♪』と答え、少しするとまた「アンアン♪」「なぁ〜に〜」

その繰り返し。

だんだんその繰り返しに、余裕が出てきて
シンの鳴き声に、合いの手を入れるように私たちが
「はいはい〜ここにいるよ〜シン〜♪」というと、それに喜んでくれたのか
シッポが、ふりふり〜と揺れる時もありました。

結局その「アンアン」のやりとりは1時間半ぐらい続いたのです。
シンは最後に、本当に、たくさん、たくさん おしゃべりしてくれました。


もう頑張らなくていいよ〜と思いました。



時間はどれぐらいたっていたのでしょう。
そのうち、アンアンと言わなくなり。今度は呼吸が荒くなってきました。
ハアハアが、だんだん小さくなり、あ〜もう止まっちゃう…と思うと
大きく「はぁーーーーっ」と深呼吸をして、またハァハァ。

その繰り返しがまた、1時間ぐらい続いたあと
深呼吸が途絶え、シンの呼吸が止まりました。


時計を見たら3時ちょうどでした。





11時半から3時間半もお別れの時間を作ってくれたシン。
24時間のうち、仕事で半分以上、家にいないダンナなのに
ちゃんと二人がいる時間を選んでくれて、ありがとうね。

最後にたくさんお話してくれて、ありがとうね。

呼びかけに、しっぽフリフリしてくれてありがとうね。

たくさんなでさせてくれて、ありがとうね。

私たちが納得のいく、最後の時間を作ってくれて。ありがとうね。

シンをキレイにしてあげて、やっと川の字になれたのは、朝方4時半過ぎでした。




−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ダンナが出勤する為に起きる時間は6時。
1時間半しか川の字になれませんでした。

電話で葬儀場に連絡。
ダンナの帰宅できる明日の午後3時か、土曜日。
迷いに迷いましたが、明日の木曜日に決めました。

決めた後も、やっぱり土曜日まで、なでていたい…。
そうも思いました。



キキちゃんの飼い主さんが、お別れを言いに来てくださいました。



キキちゃんの飼い主さんの手助けがなかったら、私は仕事を辞めていたかも
しれないし、シンはもっと早くに旅立っていたかもしれません。
本当に、それぐらい、助けていただきました。感謝してもしきれません。

夕方には、すずちゃんの飼い主さんのゆりぞうさんが
遠くから訪ねてきてくれました。
たくさんなでてもらい、話を聞いてもらいました。


そして最後の日も川の字になりました。
(不快に思われたらごめんなさい。)



もう寝がえりは打たせなくてもよいのに、2時間ごとに目が覚めて。
その度になでなでして。手を握りしめて。

シンのお手て、すごく冷たいなぁ、と悲しくなりながら眠りに落ちました。




6日前に夕日を見たお散歩が、最後のお散歩になったね。

気持ちよかったね。




| 日記 | 21:14 | comments (0) |


  


CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   07 - 2020   >>
ARCHIVES
COMMENTS
PROFILE
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート