一日中 抱っこ
気圧の変化での体調不良だったら回復するけれど
昨日のシンの様子から、いい方向に回復しているとは思えませんでした。

むしろいつになく、目に落ち着きがなく、全然寝ません。
オムツを替えても替えても、すぐにオシッコで濡れていて。
たぶん、意思に反してオシッコが出てしまっているようでした。

抱っこしてあげると、安心するのか少し寝るようだったので
この日は、ほとんどの時間、シンを抱っこしたまま。

シンはあっかいので、私もついつい眠くなりこの日は二人で
ずっと寝ていた感じです。





お昼ごはんを食べたり、家事をする時間に、仕方なくシンに一人で寝てもらい
それ以外は、本当にずーーーーっと抱っこして、ずーーっとなでなでしてました。




食事は栄養缶のムースをシリンジであげると一応、ごっくんと飲んでくれて。
犬用栄養ドリンクもシリンジで1缶飲みました。

ただ、シリンジだとシンが本当に食べたいという意思があるのかが
わかりずらいし、実はシリンジの流動食じゃなかったら
もっと食べたいと思っているとしたら、それはそれでかわいそうなので
夕食の時間に、炒り卵をあげてみる事にしました。

ちなみにその時、ダンナはちょうど帰宅途中の電車の中。
Webカメラを壁から外して、シンの目の前に設置して、ダンナに
『今から、シンのごはん風景をライブ配信しまーす♪』なんてふざけちゃって。


でもライブ配信のスクランブルエッグは見事にスルーされました。
ただ、すぐに切り替えて、ミルクプリンをスプーンに乗せてあげたら
かわいい舌でペロペロって。
あ〜まだ食べたいという気持ちがあるみたい♪と嬉しくなりました。





これが最後の食事となりました。


今振り返ってみると、何を想って急にそんな事をしたのか
私自身もわからないけれど、ライブ配信したからこそダンナも
シンの最後の可愛いペロペロを見ることができたのかな〜?と思います。


そんな数時間後。



夜の11時半頃でした。

ダンナにシンを任せ、お風呂に入ろうと洋服を一枚脱いだところで
ワタシを大きな声で呼ぶ声が聞こえ、ドキッとして飛んでいくと
シンの吐しゃ物を、トイレシーツで受け止めて
どうする事もできずにいたダンナがいました。

その日一日飲んだり食べたりしたものを、全て吐いたようでかなりの量でした。
慌てて、シンを抱っこし、口を拭いてキレイなお布団に寝かせたけれど
その時のシンはぐったりと、意識がない感じでした。

あ〜、もうダメだ。
ダンナも私も確実に、そう思っていました。

大きな声で、シンを呼び戻そうと必死でした。

そしたら、なんとか呼吸が復活し、落ち着きはじめ。
よかったぁ、、、と二人でシンの体中を、なでて、声をかけていたら
今度は、「アンアン」とかすれた小さな声で鳴きました。


日付がまたがるので、19日の日記に続きます。



| 日記 | 20:20 | comments (0) |


  


CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   07 - 2020   >>
ARCHIVES
COMMENTS
PROFILE
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート