秋の夜風

そろそろダンナが帰ってくる頃。

シンは歩き回っては、バッタン、バッタンと倒れているし、寝る気配ゼロ。
そうだ!と思い立ち、シンをスリングに入れダンナを迎えに行ってみましたー。

でも目がよく見えないからか、久しぶりの夜の外は不安に感じたみたい。
スリングの中で、小刻みに震えている感じ。

反面、ほんの10分程度だったけれど
シンと一緒の秋の夜風は、心地よかったなぁ♪


ダンナと合流したら私がカバンを持ち、ダンナがシンを抱っこで帰りました。

なんかシン嬉しそう?に見えるね。




この「かつがれてるショット」を見るの、久しぶりだー。



なんてことない光景も、幸せを感じます。ハート






| 日記 | 16:36 | comments (x) |


  


CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   12 - 2019   >>
ARCHIVES
COMMENTS
PROFILE
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート