目に見えないもの
私が仕事で留守番の本日。

いつもリビングの照明は16時に点灯するように設定をしていくのに
すっかり忘れて、出勤してしまいました。

元気な時もよくあったこと。(←飼い主が、おっちょこちょいなので。)
その時は多少暗くなっても心の中で「ごめんよーシン」とつぶやいていたけれど
今のシンだと、どっかにぶつかったりしないかと、心配になりキキちゃんの
飼い主さんに電気をつけに行ってもらうお願いをしました。

帰宅する時、17時すぎ。あれれ?

まだ外が明るい。

いつの間にか日がのびていたんだなぁ〜。
これぐらいだったら、お願いしなくてもダイジョウブだったかも…なんて思いながら帰宅。

帰宅すると、キキちゃんの飼い主さんは、帰らずに残っていてくれて
傍らには、シンが安心してスヤスヤ眠っていました。



留守番させているところに帰ってきて、寝ているシンを見るのは久しぶりです。



そんなキキちゃんの飼い主さんが帰り際にポロリと一言。

『シンちゃんといる時間は何をするわけでもない時間だけれど
あ〜こういう時間だったんだなぁ〜と(キキちゃんといた時間)
つくづく思っちゃった。それを今日、実感させられちゃった。』と。

十分伝わりましたが、うまく言葉にできないけれど。
うまく代弁できているか、わからないけれど。

簡単に言えば、ワンコといる時間。
ただ一緒に過ごしている、なんてことない時間
「まさに犬との生活」であって、ただ、ただ、そこにいてくれるだけで
ほんわかしたものを。
目に見えないステキなものをワンコから感じていたんだなぁ〜と。

う〜ん、、、合ってますか?

それを聞いて、なんだかウルウルしちゃって。汗


私もシンと過ごす事で、色んなものをシンからもらっているんだよね〜。
だって寝ている姿を見るだけで、かわいいんだもの。

人も含め、動物と暮らすのはステキな事だー。ハート



| 日記 | 12:38 | comments (0) |


  


CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
<<   02 - 2019   >>
ARCHIVES
COMMENTS
PROFILE
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート